いざ育毛を開始しようとしても、どの育毛剤が良いのかわからず様々な情報に踊らされてしまうという方が多いと思います。様々な育毛剤の中でどれが良いのか?頭皮のケアのためにする正しいシャンプーの方法、そもそもの薄毛の原因などについてを中心に紹介していきます。
育毛剤は「どれも同じ」と、
思っていませんか?
乱れたヘアサイクル

AGA治療効果と何年型脱毛症放置したかの関係

AGA治療は男性型脱毛症と呼ばれる男性に多い薄毛の症状を改善させる目的で行う治療です。
これまでの結構の改善などの対症療法とは違い、抜け毛に関与するある種の男性ホルモンの働きに直接作用する働きをする薬物を使用する治療であり、抜け毛の症状の改善には一定の効果が期待できます。
その効果は男性型脱毛症の発症から早ければ早いほど効果が大きいと考えられています。
命に関わる問題ではないため、男性型脱毛症放置が何年にも及ぶ人は珍しくありませんが、その様な男性型脱毛症放置の年数が長ければ長いほどAGA治療の効果に対する期待値は下がっていくと言えます。_x000D_
その理由は男性型脱毛症の主症状は抜け毛であり、そのペースが非常に速いために発毛量を上回り薄毛になっていくというものです。
そのため何年も脱毛症放置してしまうと毛根が死んでしまうところまで症状が進み、発毛する力を失ってしまうケースもあるのです。

AGA治療はあくまでも抜け毛を主症状とする男性型脱毛症の治療であり、発毛促進の治療ではないのです。そのため何年も放置して発毛力を失ってしまった後では効果をあまり期待することが出来ないのが特徴であると言えます。_x000D_
一般的にAGA治療は若ければ若いほど効果が高いと考えられており、医師が行う有効性の判断にもその辺りが関係してくると言われています。AGA治療はあくまでも抜け毛の予防を主目的としたものであり、発毛を促進するものではありません。
抜け毛を抑制することで本来持っている発毛の力が目立ってくるにすぎないため、髪の毛が生える力を失っている場合にはAGA治療は有効な成果をあげないケースが多いのです。そのため少しでも早くに治療を開始することが求められます。