いざ育毛を開始しようとしても、どの育毛剤が良いのかわからず様々な情報に踊らされてしまうという方が多いと思います。様々な育毛剤の中でどれが良いのか?頭皮のケアのためにする正しいシャンプーの方法、そもそもの薄毛の原因などについてを中心に紹介していきます。
育毛剤は「どれも同じ」と、
思っていませんか?
乱れたヘアサイクル

頭頂部の薄毛はロゲインで解決!

若い頃は定期的に茶色に染めたり、パーマにしていたこともあるほど、髪の毛がふさふさして多かったのに、今ではすっかり頭頂部が薄くなってしまったと、鏡を見るたびに切ない気持ちになっている方もいるでしょうね。_x000D_
年齢を重ねると、ある程度抜け毛が増えてしまうのは仕方がないことですが、頭頂部の地肌が透けて見えるほど薄くなったら格好悪いですから、そんなときには効果の高いロゲインを使い、悩みを解決するようにしましょう。_x000D_

_x000D_

ロゲインは世界売上1位を誇る、アメリカの製薬会社のファイザーから発売されているものなので、初めての方でも安心して使うことが出来ます。_x000D_
もともとは育毛剤として作られたものではなく、高血圧患者向けの降圧剤として開発された薬なのですが、ロゲインを使用していた人に、副作用として発毛効果が認められたことから 、現在は育毛剤として用いられるようになっています。_x000D_
薄毛に効果があるとして知られる、ミノキシジル配合の育毛剤で、プロペシアのように飲むタイプの薬とは違い、塗布タイプになります。_x000D_
ロゲインの有効成分であるミノキシジルには血管を拡張させる働きがあるため、血中から栄養分を取り込んで、毛母細胞へと栄養を送っている毛乳頭の働きを活発にしてくれます。_x000D_
ミノキシジル5%のものを服用した場合、約98%の人の薄毛が改善されているので、かなりの効果を期待することが出来ます。_x000D_
頭頂部の薄毛に対しては非常に良い働きをしてくれますが、生え際やM字型で薄くなっている人にはあまり効果がないので注意するようにしましょう。_x000D_
またロゲインを使用するとまれに、頭皮のかゆみやかぶれ、顔が火照るなどの症状が起こりますが、ほとんどの方には何の影響もありません。_x000D_