いざ育毛を開始しようとしても、どの育毛剤が良いのかわからず様々な情報に踊らされてしまうという方が多いと思います。様々な育毛剤の中でどれが良いのか?頭皮のケアのためにする正しいシャンプーの方法、そもそもの薄毛の原因などについてを中心に紹介していきます。
育毛剤は「どれも同じ」と、
思っていませんか?
乱れたヘアサイクル

育毛外用薬の主な使い方

ロゲインは毛根の血管拡張作用があることによって、発毛を促す効果のあるミノキシジル成分を含んでいる育毛剤です。_x000D_
元来においては、血圧降下を目的として開発された医薬品となります。
ロゲインを使用することによる発毛理由は、薄毛の原因とされている毛根部分の毛細血管への血流増進効果によってもたらされます。_x000D_
脱毛作用のある男性ホルモンを抑制させる効果があって、ロゲインに含まれているミノキシジルの効果によって発毛作用を促すことができます。_x000D_
ロゲインは1日2回にわたって、塗布することで効果を得ることができます。_x000D_
外用薬である育毛剤という用法となりますので、作用を及ぼす時間や効果が強力というわけではありませんので、個人差によって効果にムラが起きます。_x000D_
通常の塗布する使用方法でも効果を得ることが可能ですが、血流を促進させるために頭皮マッサージをすることによって、薬液の馴染み方がよくなりますので、さらなる薄毛対策として期待できます。_x000D_
洗髪後には毛穴が開く特徴が毛根にはありますので、洗髪後に使用することによって効果を上げることができます。_x000D_
使用は年齢が満18歳以上に限って認められていて、頭皮の弱い方の場合には使用できないこともあります。_x000D_
ロゲインを使用したいと考えているときには、医療機関を受診することによって医師に処方してもらう必要があります。_x000D_
医師の処方以外の方法で購入したい場合には、海外医薬品の取り扱いを行っている輸入代行業者を使って輸入してもらってから購入する方法を使うことになります。_x000D_
海外からの医薬品の輸入の場合には、個人で使用する目的のときのみ認められており、コピー品などの危険性もありますので注意して購入する必要があります。